.
 NPO法人 橋梁メンテナンス技術研究所

橋のことなら

何でもお気軽に

ご相談ください

当研究所は橋の"駆け込み寺"です。

もし、この橋が通れなくなったら・・・ 
普段利用している橋は壊れることがないと考えがちです。しかし、もしその橋が通れなくなったらどうしますか?
会社や学校に行くとき、遠回りしなければなりません。
救急車や消防車などの緊急車両の到着が遅れる原因にもなります。場合によっては地域が孤立してしまい生活そのものができなくなってしまう可能性があります。

そう考えると「橋」は私たちの生活にとって無くてはならないものだということがわかります。
橋を健全な状態に保つためには、日頃から橋を点検し悪いところを直してゆく努力が必要です。

橋の寿命を延ばすためには・・・
長く使用した構造物は耐用年数とともに疲弊してきます。人間と同様に色々な病気が出てきます。この橋の病気をいち早く診断し、治療し、末永く利用して行こうというのが本研究所の事業目的です。
国、県、地方自治体の財源には限度があり、新しい橋を造ることは財政的にも苦しいものがあります。これからは既にある橋を点検し、補修・補強をして長く使って行かなければなりません。そのためには、少ない費用で、専門家でなくても橋の診断ができる仕組みが必要となります。私たちはその方法を研究しその成果を「橋梁点検マニュアル」としてまとめました。

橋梁点検マニュアルの詳細をご覧になりたい方は画面左側の「橋梁点検マニュアル」をクリックしてください。
 NPO法人 橋梁メンテナンス技術研究所
 address:〒380-0935 長野市中御所四丁目6番19号 (地図表示) /tel: 026-225-0001 /fax: 026-225-0002 /mail: MailToBMTRI@gmail.com  .
Access Counter